副業

獣医師免許活用!獣医師がやるべき、稼げるおすすめの副業〜クラウドワークス編〜メリット・デメリットを解説

sponser

「仕事が過酷で休みがない…」

「人間関係がきつい…」

「給料が上がらなくて将来が不安…」

「収入が少ない...」

「獣医師でもできる副業ってあるの…?」

この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでしょうか?

近年副業が解禁されどんどん盛んになってきています。

副業で月収〇〇円!ってよく目にすると思います。

そらん
本業で小動物臨床をやっている獣医師に副業ってできるのでしょうか?

ポイント

この記事は、獣医師として副業を考えている方向けの記事です。

 

獣医師免許を最大限活用!獣医師がやるべき、できる副業〜クラウドワークス編〜メリット・デメリットを全て解説

獣医師の副業の限界、問題点

獣医師の副業の限界、問題点

私の周りでは、

勤務医の先生はもちろん、

開業医の先生まで、ちょっとしたバイトをされている方が少なくないです。

獣医師が、休みの日に働こうとすると、

  • 複数の病院を掛け持ち
  • 休診日に知り合いの病院をヘルプ
  • 健康相談のメール回答    等

になるんじゃないでしょうか?

これはあまりお勧めしません。

だって限界があるじゃないですか、ご自身が動かないといけないから。

いわゆる労働集約型という働き方です。

それに上記の仕事は結局のところ、院長や会社から支払われる、つまり雇われる側です。

これでは疲弊してしまうだけで、有効に時間を使うことができません。

私が推奨するというか、目指していただきたい副業のスタイルは、

自分で値段を決めることができ、隙間時間にできる形を得られるようになることです。

雇われではなく自分で利益を生み出すサービスは、すなわち自分の資産になるので、続けて行った先に未来があるはずです。

獣医師にあった、オススメのやるべき副業とは?

獣医師にあった、オススメのやるべき副業とは?

じゃあ、どうするのか?

「知識」と「経験」を売るのです。

そう、知的財産 ・コンテンツの販売は下記のメリットがあります。

メリット

  • 獣医師免許が生かされる
  • 時間を選ばず作業ができる
  • 副収入が得られる

 

獣医師という職業は、ニッチで誰にでもなれるわけではないため、あなたの情報や経験はすごい価値なのです。

目標は、獣医師という特殊な武器を使い、「知識・スキル・経験」をお金と言う価値に変えることができる様になることです。

こちらもCHECK

おすすめ
獣医師におすすめな稼げる副業9選!隙間時間を有効活用!

「獣医師にもおすすめな副業って何…?」 「人間関係が辛く、仕事が過酷で休みがない…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「獣医師免許を使った副業ってあるかな?」 「お金は足りてるけど、もうちょっと増 ...

続きを見る

そうすれば、わざわざ病院に行かなくても、パソコンの前で待機していなくても

事前に準備するだけで、仕事が舞い込んでくる状態になります。

獣医師という資格はお金を払っても、買うことはできません。

獣医師の情報を求める受注者、飼い主は多い!

獣医師の情報を求める受注者、飼い主は多い!

確かに、犬に関する情報、猫に関する情報....

はっきり言って、ネットに溢れかえっています。

ネットの普及によって、情報の発信が信じられないぐらい簡単になりました。

そして、不特定多数の人にも容易にアクセスできるようになりました。

でも、それを調べたい人や飼い主は、その記事を読んで安心するわけではありません。

しかも、誰が書いたかわからない記事は、さらに不安を煽ることさえあります。

ネット上に溢れている様々な情報は、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

そんな時に、獣医師の言葉をもらうだけで、納得して安心する飼い主は多いですし、

獣医師からの直接の言葉を求める飼い主は多いのです。

だからこそ、優良なサービスには対価を支払うという文化が浸透しはじめています。

獣医師という資格、そして経験は誰にでもできることではありません。

この貴重な経験から得られる、判断、真実を求めているのです。

そらん
ただ事実だけを書いてある、ブログや記事の重要性・価値は低くなってきています。

問題は誰が、どの様な経験をしている獣医師が、信頼性のおけるサービスを提供しているかが、重要です。

そういったサービスを提供できるのは、webライティングやブロガー専門獣医師ではなくて、実際に病院の現場に立っている獣医師だけです。

だからこそ言葉に信頼性、重みが出るので、飼い主も安心して信頼でき、その価値に対価を支払ってくれるのです。

獣医師がやるべき副業の方法

獣医師がやるべき副業の方法

ただでさえ、普段の業務が忙しい、臨床獣医師が、休みの日まで働いていたら体が持ちません。

いきなり、ブログを書く、Youtube動画で儲けろ、なんてことはできないですよね。

時間もかかりますし、そのサービスが認知されるまでに時間がかかってしまいます。

もちろん自分のネットコンテンツで情報やサービスを販売すれば、たとえyoutubeやgoogleがなくなっても心配はありません。

まずは、整備されたプラットフォームでトライしてみるのがいいです。

モノを売ることに対するハードル、ものすごく高いように感じられる方も少なくないと思います。

ただ、この知的財産、コンテンツを販売することに関していえば、適切な場所で、有料で、優良な記事、サービスを登録しておけば、所得を得ることができます。

さらにこのサービス紹介はもちろん存在し続けるので、あなたが仕事をしている間、食事をしている間、寝ている間でも、

記事が読まれれば、勝手に課金され、所得を得ることができます。

別に個人名を明かさなくてもできます。

自分の知識や経験を、知的財産・コンテンツとして、活かすも殺すも、早いモノ勝ちです。

今回は、自分のサービスを提供できるプラットフォームとして、クラウドワークスを私自身の経験も含めて、紹介します。

実際に登録される場合は こちら からどうぞ!

無料で登録ができるのでとりあえず登録して、実際に案件を見てみるっていうのがおすすめです。

獣医師がやるべき副業、クラウドワークスとは?

獣医師がやるべき副業、クラウドワークスとは?

ポイント

仕事をインターネット上で発注・受注することができるお仕事マッチングサイトです。

数あるオンラインの受注できるサービスの中でも、特にクラウドワークスは

個人・法人問わず、業務委託のお仕事をインターネット上で発注・受注することができるお仕事マッチングサイトです。

報酬を事前にクライアントからお預かりし、業務完了後にクラウドワーカーに支払う「仮払い」方式を採用しているので、安心してお仕事することができます。

クラウドワークス上に掲載されている募集中のお仕事から自分のスキル、希望にあったお仕事を探して応募できます。

契約後に業務を開始するプロジェクト形式のほか、作品で応募するコンペ形式、契約手続き不要なタスク形式のお仕事もあります。

無料で登録ができるのでとりあえず登録して、実際に案件を見てみるっていうのがおすすめです。

獣医師がクラウドワークスで稼げる副業

獣医師がクラウドワークスで稼げる副業

クラウドワークスで獣医師に求められている、「知識・スキル・経験」は、主に2つです。

  • 犬や猫の病気や生活、知識に関しての記事執筆(Webライティング系)
  • 受注者が獣医師に求めるサービス

webライティング系

ポイント

ライティングは、知識や経験を活かすには非常にいい副業の一つです。

Webライティングは、クラウドソーシングでの案件が非常に豊富なので、初心者でもできる仕事がたくさんあります。

しかも、場所を選びません。

休日に、カフェで書くことだってできます。

書き方がわからなくても大丈夫です。

書き方が分からなくて、踏み出せない方もいますが、ライティング技術はやっていくうちに身につきます。

案件によっては、書き方を教えてくれるものもあります

基本的には、キーワード(糖尿病、犬の保険会社)を指定されて、それに対して記事を書くことが多いです。

現在はコロナ禍ということもあり、自宅でできる在宅ワークに注目が集まっているため、一文字あたり0.4円ほどと単価が低いです。

安いものだと0.2円も...

しかし、獣医師免許を使う場合は別です。

獣医で検索すると、獣医師の資格がないとできない高単価の仕事ができます。

基本の文字単価は1円くらいですが、獣医の資格を生かせばそれ以上(2円~)のもたくさんあります。

下記の案件の様に一文字あたり1円以上が当たり前です。

どうでしょうか?

獣医師をやっていれば、特段難しい内容の執筆でもないと思います。

競合相手が少ないため、また誰にでもできる執筆ではないからこそ価値があり、高単価になります。

まずは、受注して、行動しましょう!

 

クラウドワークス で受注者が獣医師に求めるサービス

獣医師が求められる副業として、Webライティング以外にも下記の様な、受注者に沿ったサービスがあります。

これらは、ライティングよりも高単価ですが、募集は不定期です。

いかがでしょうか?

どちらも獣医師免許があるだけで、他の人には手の届かないところで競争が可能で高単価な仕事が可能ですし、登録して募集するだけなので簡単です。

獣医師免許を有効に活用しましょう!

 

獣医師がクラウドワークス副業を始める際に重要なこと

獣医師がクラウドワークス副業を始める際に重要なこと

ここまで読んでくださった方の中には、

  • 面白そうだなと思ってる方
  • やってみようかなと思っている方

もいるのではないでしょうか?

でもいざ登録して、応募しても採用されない場合もあります。

現在私が調べたとこによると、クラウドワークス に登録している獣医師は10人程度と考えられます。

これは獣医師限定の仕事にどれくらいの応募、誰が応募しているかわかるためです。

仕事内容の下の方に下記の様な一覧が表示されます。

獣医師免許を持っていますので、他の仕事よりかは競争率が低いですが、それでも案件を勝ち取らなければなりません。

簡単に、効率よく、採用者の目に止まる様な、また必要とされている獣医師を演じなければなりません。

そこでクラウドワークス で副業を始める前に必要なことを解説します。

①仕事を選ぶ!

まずクラウドワークスで こちらから アカウントを作ってログインして、トップページはこの様な形になります。

ここから仕事を探すをクリックして

すると、キーワードで探すというのが出てきますので、ここに「犬」「猫」「獣医」といったキーワードを入れて仕事を探します。

仕事を発注する側も獣医師に頼みたいので、必ず上記のキーワードは入れてきています。

例えば犬で検索すると、2021年3月7日現時点では43件出てきます。

このキーワード検索は左の赤枠の検索条件に3つまでは保存できるので、すぐにキーワード検索可能です。

②プロフィールを充実させる!

仕事を依頼する側の気持ちになってみてください。

例えばこの仕事には、

これだけの獣医師が応募していました。(私含めて)

選ぶ側になった時に、初期のサムネのままの人を選びますか?

ということです。

つまりプロフィール欄を充実させていない人は選ばれにくいということです。

対面でないからこそ、より自分自身がどういった経歴で、どういった特技があって、どういう獣医師なのかを明記する必要があります。

仕事を依頼する人は、顔も見えない獣医師に依頼するわけですから、その不安を払拭してくれて、かつ仕事をする能力があり、納期を守る人をアピールしなければなりません。

そのアピールができるのは、このプロフィール欄だけなのです。

私のプロフィール欄がこちらです。

そらん
受注実績や評価は、後からついてくるものですが、サムネイル(犬の写真)や名前、年齢、時間単価、本人確認済みかどうかは最低でも抑えたいポイントです。

また簡単でいいのでプロフィールは必須です。

プロフィールには簡単な経歴、自分が他の人と比べて優れている点、アピールポイント、強み、志を書いておけばokです。

また、職種やスキルも登録が可能なので、ここは選ぶだけですから必ずしておきましょう。

③丁寧な依頼メッセージ!

そらん
実際にプロフィールを登録して、充実させて、仕事を検索したら、いざ応募してみましょう!

仕事、案件ページの右上に応募ボタンがあります。

できるか初めは不安な方は、初心者でも教えます、と書いてあるものを選ぶといいでしょう。

忘れないで欲しいのは、受注者が求めているのは、獣医師の経験に基づいた知識なのです。

俺を文章化して欲しいということです。

④丁寧な、迅速な仕事を心がける!

密なコミュニケーション、素早い返答も重要です。

下記は私が受けた案件の企業からの評価ですが、全て星5つです。

普通にやっていればこれくらいの評価はいただけます。

綿密なコミュニケーション、返信、的確な仕事の達成を心がければ大丈夫です。

この評価は、他の発注者からも見ることができるので、獣医師の信頼の証にもなり、判断材料が増えます。

そうすることで次の仕事にもつながります。

獣医師が稼げるクラウドワークスのメリット

仕事を終えると、評価を受けることができます。

上記の通り、星5段階で評価が可能です。

これは他の人からも見ることができるので、次の仕事を応募する時にも信頼の証にもなります。

継続して、上記のことをやっていくと、企業から直接仕事を受けることがあります。

この様にスカウトという形なので、通常の仕事よりも高単価な仕事が舞い込んできます。

獣医師が稼げるクラウドワークスのデメリット

ここまでいいことばっかり書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。

それは、完全な個人で稼ぐ力にはなっていないこと

なぜ、クラウドワークスに文章を書く仕事や、上記の様な仕事があると思いますか?

それは、獣医師にコストをかけて書いてもらっても、それ以上に儲けが出るからです。

そうです。これでは、雇い主から時間や労力を対価に収入を得ているだけになります。

自力で稼ぐというよりは、知識や労力を対価に、搾取されているだけです。

このままでは、クラウドワークスにおんぶに抱っこで、いくらここで稼いでも仲介手数料を取られてしまいます。

ここに注意

たとえば、獣医師がサービスを提供しますという起業をするとか、webライティングでわずかな収入と引き換えに貴重な経験や知識、情報を提供するのではなく、自分のために書く=つまりブログを開設しましょう。

 

「え?なんでブログ?」

と思うと思いますが、理由は「資産になる」からです。

クラウドワークス で受けたライティングを継続していても、

今までの経験や技術を文章に起こすことで、

  • 知識の再確認ができる
  • 文章を書くことが得意になる

といったメリットがありますが、仕事を終えた後、自分には何も残りません。

ブログを解説して自分のために文章を書けば、それは一生残り続け、それが資産にもなります。

もし、クラウドワークスである程度ライティングをして、評価され始めたら、今日からブログを開設してみましょう。

ブログとか全然分からない…って方でも、最近ではパソコンで調べれば簡単に始めることができます。

ブログは今日から始めることができます。

自分自身を価値にすることで、もしクラウドワークスが無くなっても、安定した副収入を得ることができます。

たしかに、すぐに始めることができ、稼ぐことのできるる副業のプラットフォームとして、クラウドワークス は信頼性のおけるツールです。

しかし、そこで実績を積んで、企業と個人契約を結んだり、自分で稼ぐための文章を書けないとそこから抜け出すことはできません。

つまりクラウドワークス を使って、市場で求められている獣医師像を知り、必要とされている文章を学んで、知識を盗んで、生かすことが

自分の生活をより良いものにさせます。

すぐには稼ぐことはできないのが難点ですが、ブログにはそれを超えるメリットがあります。

ずばり、

「自分の力で稼ぐ」

ということが身に付くことです。

獣医師免許を持っているレベルの方なら、ある程度の文章が書ける能力がありますし、知識や技術も提供できるので、何もなく始める人よりかはスムーズに書いていくことができます。

ブログを書く上でも、どういった文章が求められているのか、書き方、注意する点などをクラウドワークス で勉強して、学んで、わかったら、自分のために文章をブログで書いていく。

こうすることで、クラウドワークス でお金をもらいながら実践力をすぐにつけることが可能です。

獣医師免許を最大限活用!獣医師がやるべき、稼げる副業〜クラウドワークス 編〜どれくらい稼げる?を全て解説のまとめ

獣医師免許を最大限活用!獣医師がやるべき、できる副業〜ココナラ編〜どれくらい稼げる?を全て解説のまとめ

デメリットを読んで、萎えてしまった人もいるかもしれません。

しかし、行動あるのみです。

考えてばかりで、行動してみないと変わりません。

行動しても100%上手くいくかどうかはわかりませんが、行動しなければ0%です。

おすすめなのは、すぐに案件を取りに行くことです。

Webライティングは、クラウドソーシングでの案件が非常に豊富なので、初心者でもできる仕事がたくさんあります。

無料で登録ができるのでとりあえず登録して、実際に案件を見てみるっていうのがおすすめです。

副業が解禁になっても、実際に行動する人は10%以下らしいです。

さらにそれを継続する人は1%程度です。

つまり、競争ではありませんが、長く続けているだけで、ライバルがどんどん減ってくるので、まずやってみること、をれを継続することが重要です。

ここのブログを読んでいるということは少なからず興味はあるということなので、あとは難しいことは考えずに登録してみましょう。

PC一つあれば、どこだって仕事ができます。

だったら今日から新しい一歩を踏み出してみるのはいかがですか?

実際に登録される場合は こちら からどうぞ!

仕事を受けるのではなく、自分のスキルを出品してみたいという方はココナラ がおすすめです!

下記の記事を参考にどうぞ!

こちらもCHECK

獣医師免許活用!獣医師がやるべき、稼げるおすすめの副業〜ココナラ編〜メリット・デメリットを解説

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

続きを見る

 

こんなことについて知りたい!これについてまとめて欲しい!というのがあれば下記からお願いします!

お問い合わせフォーム

no image

Uncategorized

2021/9/14

VOSS:Veterinary Orthopedic Surgery Simulator 獣医整形外科手術シミュレーター

read more

Uncategorized

2021/9/14

TPLOチャート

     

read more

整形外科

2021/6/13

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHoros,Osirixの使い方:CT画像のdicomデータ編集、操作方法、2D、3D

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

神経外科

2021/6/27

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHorosの使い方:MRI画像のdicomデータ編集、操作方法、T2,T1,T1造影の読影

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

雑記

2021/6/14

獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気、疾患一覧、分類・家畜伝染病、届出伝染病

  Contents1 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病1.1 犬・猫の疾患1.2 牛の疾患1.3 馬の疾患1.4 鳥の疾患1.5 豚の疾患1.6 マウス・ラットの疾患1.7 ウサギの疾患1.8 サルの疾患1.9 その他動物の疾患(ミツバチ、ヤギ)1.10 家畜伝染病まとめ1.11 届出伝染病まとめ 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病 犬・ ...

read more

よく読まれている記事

1

「獣医師にもおすすめな副業って何…?」 「人間関係が辛く、仕事が過酷で休みがない…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「獣医師免許を使った副業ってあるかな?」 「お金は足りてるけど、もうちょっと増 ...

2

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

3

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

-副業
-

© 2021 日本の獣医師が米国獣医外科専門医を目指す Powered by AFFINGER5