整形外科

TPLOのリスク・合併症・失敗?!犬の前十字靭帯断裂の手術:TPLOで脛骨粗面の骨折【脛骨粗面】

sponser

そらん
前十字靭帯断裂は、犬の後肢の病気の中でも非常に、遭遇頻度の高い病気です。

一方で、治療法は手術をしないと運動機能の良好な改善は認められないという病気でもあります。

手術方法はラテラルスーチャーとTPLO(脛骨高平部水平化骨切術)があります。

ラテラルスーチャーでは術後の運動制限が厳しいため、TPLOが普及してきました。

さらにTPLOは、クッキングオペとも言われ、適切な器具さえ揃えれば誰でもできるというメリットがあります。

手術は、この人にしかできないというのも重要ですが、それよりもどこでも、誰でも、同じクオリティの手術を受けることができることが重要です。

TPLOのセミナーは以前と比べると、かなり増えました。

セミナーを受けて、器具を揃えて、症例が来て、いざしようとなったときに一番つまづくところ、

それは出血するということだと思います。

前十字靭帯断裂の手術の失敗ポイント、リスク、合併症としては、骨切り、出血、脛骨粗面の骨折です。

出血に関してはこちらの記事をどうぞ!

参考大出血?!犬の前十字靭帯断裂の手術:TPLOで出血・失敗しないポイント【膝窩動静脈】

そらん前十字靭帯断裂は、犬の後肢の病気の中でも非常に、遭遇頻度の高い病気です。 一方で、治療法は手術をしないと運動機能の良好な改善は認められないという病気でもあります。 手術方法はラテラルスーチャーと ...

続きを見る

本記事では、TPLOという手術の中で、最も気をつけるべき脛骨粗面の骨折について解説します。

脛骨粗面が折れると、足を曲げることができなくなり、歩けなくなります。

これは、TPLOの手術の中で重要な仮固定という作業の中で、ピンを刺入することによって、術後に起きてしまう合併症です。

この骨折は、TPLOの失敗、合併症の中で最も代表的なものの一つですが、防ぐことも可能です。

犬の前十字靭帯断裂の手術で失敗するポイントは限られています。

実際に手術を数多くやってきた経験から、特に骨折しないポイントに焦点を当てて、

失敗しない、前十字靭帯断裂の手術方法をまとめてみました。

こんな方におすすめ

  • 前十字靭帯断裂の手術で、脛骨粗面の骨折のリスクを知りたい獣医師
  • 前十字靭帯断裂の手術で、脛骨粗面の骨折を回避する方法を知りたい獣医師
  • 前十字靭帯断裂の手術の失敗・合併症のリスクを知りたい飼い主

 

ということがわかるので、ぜひ最後までお読みください。

私は、現在は獣医師として、主に整形外科手術を担当にして、働いています。

詳しくは、『プロフィールや獣医師そらんの手術歴』をお読みください。

管理者のプロフィール

こんにちは、獣医師そらあんです。 この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。 今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭 ...

続きを見る

犬の脛骨粗面とは?

 

機能

膝蓋靭帯付着部

頭側に飛び出した三角形の形をしている

内側は平面で、外側は窪んでいる

その外側面には、前脛骨筋が付着している

 

 

 

犬の前十字靭帯断裂の手術:TPLO

・脛骨近位部に放射状の骨切り

・脛骨高平部を含む近位骨片を尾側方向に回転

ポイント

脛骨高平部の傾斜を水平に矯正

・特殊なインプラントを使用

ポイント

後肢の負重時に発生する脛骨の前方への推進力を制限

前十字靭帯断裂の手術での脛骨粗面のアプローチ

前十字靭帯断裂の手術:TPLOでは骨切りを行います。

この症例は、前十字靭帯断裂でしたので、TPLOを実施しました。

術前と術直後のレントゲンです。

TPAやプレートの位置は問題なさそうだけど、腓骨は折れております。

また、脛骨粗面のピンの刺入位置が遠位であやしいです。

脛骨高平部を含む近位骨片を尾側方向に回転したあとに、仮固定として、ピンを脛骨粗面の頭側から刺入します。

そらん
レントゲンを見ると、そのピンの跡が見えますよね。

注意ポイント

ピンを入れる位置が非常に重要で、後に脛骨粗面骨折を引き起こすことになります。

前十字靭帯断裂手術の時に気をつける脛骨粗面骨折

脛骨粗面は非常に細いです。

その細いところにピンを入れますので、

特に小型犬5kg以下は術後に脛骨粗面が折れることがあります。

また、仮固定と入っても、ピンがしっかり骨を貫通して噛まないと、グラグラして仮固定の意味がありません。

仮固定っをする中で、限りある細い脛骨粗面を、ピンで何回も刺してしまうと、穴だらけになり

弱くなって骨折してしまいます。

ピンは大型犬でも小型犬でもおおよそ、1.25mmという細いピンを使用します。

ここの仮固定は、細いピンを一回で、しっかり決めることが重要です。

犬の前十字靭帯断裂の手術:TPLOで注意すべき脛骨粗面の解剖

まずは脛骨粗面に、膝蓋靭帯がどの様に付着しているかを見つける必要があります。

膝蓋靭帯は、脛骨粗面のにこの赤色の様に、膝蓋骨から付着しています。

しかし、この赤矢印のところ=脛骨粗面のトップよりも近位は膝蓋靭帯が付着していません。

つまりここで問題なのは、脛骨粗面が折れると、膝蓋靭帯に引っ張られて、足を曲げることができなくなることです。

 

脛骨粗面の骨折も、事故で起こり得ますので、機になる方は下記の記事もどうぞ!

こちらもCHECK

おすすめ
大出血?!犬の前十字靭帯断裂の手術:TPLOで出血・失敗しないポイント【膝窩動静脈】

そらん前十字靭帯断裂は、犬の後肢の病気の中でも非常に、遭遇頻度の高い病気です。 一方で、治療法は手術をしないと運動機能の良好な改善は認められないという病気でもあります。 手術方法はラテラルスーチャーと ...

続きを見る

ポイント

脛骨粗面のトップより近位は折れても安全!

犬の前十字靭帯断裂の手術:TPLOの合併症、リスク、失敗:脛骨粗面の骨折

術後1ヶ月のレントゲンです。

足はついているとのことでしたが、レントゲンをとてみると、見事に折れていますね。

腓骨や脛骨尾側の骨切ラインは、やや骨膜反応が認められて癒合しようとしていますね。

脛骨粗面が折れている時は、この様に、足を曲げた状態と、伸ばした状態でレントゲンをとります。

足を曲げた時は、膝蓋靭帯は引っ張られているので、この距離が広がります。

骨折の時などの、わずかな変位もこの方法を行うと検知しやすいです。

拡大すると、間隔が開いているのが分かりますね。

ちょうどピンを打った穴から折れて、脛骨粗面が、靭帯に引っ張られています。

 

治療方法は、常法のテンションバンドワイヤーです。

 

少し距離が縮まりましたね。

テンションバンドワイヤーはテンションを圧着力に変える方法ですので、

テンションがかかればかかるほど、圧着してくれ、距離が縮まります。

 

犬の前十字靭帯断裂の手術:TPLOで脛骨粗面を骨折させないために

上記より脛骨粗面が重要なポイントとして、

  • 足の屈伸運動に重要
  • 脛骨粗面が付着している部分がある
  • 細くなっている

 

対策として、

  • 細いピンを使う(1.25mm)
  • ピンを抜かずに残したままにする
  • 仮固定する際に1回で決める(技術に依存)
  • 折れてもいい様に、脛骨粗面のトップよりも上からピンを刺入する

 

 

教科書通りにピンを入れると、青色の線の様に推奨されています。

いかし、これでは脛骨粗面がより細い犬は折れてしまいます。

ここから折れてしまうと、脛骨粗面が膝蓋靭帯に引っ張られてしまいます。

ですので、理想は、万が一折れてしまってもいいように、黄色い線の様にピンを入れて

仮固定することが、TPLOの合併症を少なくするリスク回避となります。

 

本ブログでは、詳しく知りたい飼い主、獣医学生、進路や勉強に悩んでいる獣医師向けに、

出来る限り詳細に書いていますので、ぜひ他の記事もお読み下さい。

参考になれば嬉しいです。ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

no image

Uncategorized

2021/9/14

VOSS:Veterinary Orthopedic Surgery Simulator 獣医整形外科手術シミュレーター

read more

Uncategorized

2021/9/14

TPLOチャート

     

read more

整形外科

2021/6/13

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHoros,Osirixの使い方:CT画像のdicomデータ編集、操作方法、2D、3D

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

神経外科

2021/6/27

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHorosの使い方:MRI画像のdicomデータ編集、操作方法、T2,T1,T1造影の読影

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

雑記

2021/6/14

獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気、疾患一覧、分類・家畜伝染病、届出伝染病

  Contents1 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病1.1 犬・猫の疾患1.2 牛の疾患1.3 馬の疾患1.4 鳥の疾患1.5 豚の疾患1.6 マウス・ラットの疾患1.7 ウサギの疾患1.8 サルの疾患1.9 その他動物の疾患(ミツバチ、ヤギ)1.10 家畜伝染病まとめ1.11 届出伝染病まとめ 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病 犬・ ...

read more

よく読まれている記事

1

「獣医師にもおすすめな副業って何…?」 「人間関係が辛く、仕事が過酷で休みがない…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「獣医師免許を使った副業ってあるかな?」 「お金は足りてるけど、もうちょっと増 ...

2

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

3

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

-整形外科
-

© 2021 日本の獣医師が米国獣医外科専門医を目指す Powered by AFFINGER5