腫瘍外科

皮膚腫瘤(犬)の 腫瘍記録用紙:獣医師作成

sponser

皮膚腫瘤(犬) 腫瘍記録用紙

患者名:

動物 No.

初診日: 年 月 日

品種: 年齢: 歳 ヶ月

性別:M / F / CM / SF

体重: kg

担当: /

1. 稟告

腫瘤発見時期 年 月 日頃、

大きさ cm

サイズ変化 縮小/ 無 / 拡大 / 不明

発熱歴 無 / 有 / 不明

虚脱歴 無 / 有 / 不明

食欲の変化 無 / 低下 / 廃絶 / 不明

可視粘膜 正常 / やや蒼白 / 蒼白 / 黄疸

消化器系徴候 無 / 有 / 不明[嘔吐、吐血、下痢、メレナ、タール便、他 ]

血液凝固系異常 無 / 有 / 不明[紫斑、止血時間延長、腫瘤からの持続的出血、他 ]

2. 他院での治療歴(手術、化学療法など)

時期 年 月 日頃

内容 手術の場合

病理結果

治療への反応性 縮小/ 無 / 拡大 / 再発 / 転移 / 不明

3. 腫瘍の状態 <位置と大きさ:図に記入>

色:被毛と同じ / その他______

硬結感:硬 / 軟 / 中間

表面:平滑 / 凹凸

脱毛、発赤、熱感、潰瘍、出血、 浮腫、掻痒感、他

皮内 / 皮下 皮膚に固着 / 筋固着

境界:明瞭 / 不明瞭

その他:

4. リンパ節腫脹

浅頚リンパ節 無 / 有 / 不明(右 cm、固着:無 / 有 左 cm、固着:無 / 有)

下顎リンパ節 無 / 有 / 不明(右 cm、固着:無 / 有 左 cm、固着:無 / 有)

腋窩リンパ節 無 / 有 / 不明(右 cm、固着:無 / 有 左 cm、固着:無 / 有)

鼠径リンパ節 無 / 有 / 不明(右 cm、固着:無 / 有 左 cm、固着:無 / 有)

膝窩リンパ節 無 / 有 / 不明(右 cm、固着:無 / 有 左 cm、固着:無 / 有)

5. 血液検査、尿検査等における異常所見(検査日: 年 月 日)

(特に貧血、白血球増多、好酸球、好塩基球数、血液凝固系検査、肝酵素) ・ ・ ・

 

 

6. X 線検査所見(検査日: 年 月 日)

腫瘍周辺:

胸部:

腹部:

その他:

7. 超音波検査所見(検査日: 年 月 日)

腫瘍原発巣サイズ 縦 ×横 ×深さ       cm

周囲組織への浸潤 無 / 有[骨、胸腔、腹腔、他     ]

肝臓腫瘤 無 / 有 / 不明

脾臓腫瘤 無 / 有 / 不明

腹腔内リンパ節腫脹 無 / 有 / 不明(部位:_____、 cm、固着:無 / 有)

8. CT 検査所見(検査日: 年 月 日)

腫瘍原発巣 部位:_______ 大きさ:縦 ×横 ×深さ cm

周囲組織へ浸潤 無 / 有[骨、胸腔、腹腔、他 ]

肺結節 無 / 有 / 不明(部位:_____、最大 cm)

肝臓腫瘤 無 / 有 / 不明

脾臓腫瘤 無 / 有 / 不明

肺門リンパ節腫脹 無 / 有 / 不明( cm、固着:無 / 有)

縦隔リンパ節腫脹 無 / 有 / 不明( cm、固着:無 / 有)

腹腔内リンパ節腫脹 無 / 有 / 不明(部位:_____、 cm、固着:無 / 有)

その他 _______

9. 病理組織学的検査所見

1回目

細胞診 / 組織検査 (検査日: 年 月 日)

原発腫瘍 / リンパ節(部位: )

腫瘍種:

原発巣組織検査を行った場合

周囲への浸潤:無 / 有

脈管浸潤:無 / 有

核異型:低 / 中 / 高

細胞分裂:無 / 有

リンパ節生検を行った場合

転移所見:無 / 有

2回目

細胞診 / 組織検査 (検査日: 年 月 日)

原発腫瘍 / リンパ節(部位: )

腫瘍種:

原発巣組織検査を行った場合

周囲への浸潤:無 / 有

脈管浸潤:無 / 有

核異型:低 / 中 / 高

細胞分裂:無 / 有

リンパ節生検を行った場合

転移所見:無 / 有

10. TNM 分類

<該当する分類に○>

【リンパ腫・肥満細胞腫以外】

Tis 上皮内に限局

T0 原発腫瘍を認めない

T1 2cm 未満、表在性または外方増殖性

T2 2cm 以上 5cm 未満、または若干の浸潤あり

T3 5cm 以上、または皮下浸潤あり

T4 筋膜や骨、軟骨など他の組織に浸潤あり

 

【耳介の腫瘤】

T1 外耳道または垂直耳道に限局

T2 鼓膜を越えて伸展

T3 中耳を越えて伸展あるいは骨破壊を 伴う

 

 

N0 所属リンパ節腫脹を認めない

N1 原発腫瘍と同側のリンパ節腫脹、ただし固着なし

a 転移を疑わない

b 転移を疑う

N2 原発腫瘍と反対側または両側のリンパ節腫脹、固着なし

a 転移を疑わない

b 転移を疑う

N3 固着あり

*N1,N2 で組織学的に転移なしなら(-)、転移ありなら(+)と記入

 

M0 遠隔転移を認めない

M1 遠隔転移あり *所属リンパ節以外のリンパ節も含む

 

【軟部組織肉腫】

T1 最大径 5cm以下

a 表在性 b 深在性

T2 最大径が 5cm より大きい

a 表在性 b 深在性

 

N0 所属リンパ節腫脹を認めない

N1 所属リンパ節腫脹あり

 

M0 遠隔転移を認めない

M1 遠隔転移あり

 

*所属リンパ節(原則として両側)

眼瞼、耳、鼻       頸部リンパ節

顔、頭蓋、頸部      頸部リンパ節 下顎リンパ節 耳介リンパ節

前肢 (同側の)     腋窩リンパ節 前肩甲リンパ節

臍部より頭側の体幹         腋窩リンパ節 前肩甲リンパ節

臍部より尾側の体幹      鼡径リンパ節

後肢  鼡径リンパ節     膝窩リンパ節

10. 病期分類

<該当する分類に○>

【肥満細胞腫】

病期

Ⅰ 所属リンパ節転移のない、真皮に限局した単一の腫瘤 a 全身性兆候なし b 全身性兆候あり

Ⅱ 所属リンパ節転移のある、真皮に限局した単一の腫瘤 a 全身性兆候なし b 全身性兆候あり

Ⅲ 真皮に限局した複数の腫瘤、あるいは浸潤性の腫瘤 a 全身性兆候なし b 全身性兆候あり

Ⅳ 遠隔転移がある、または転移を伴う再発がある腫瘤

*血中や骨髄内も含む

【軟部組織肉腫】

 

11. 外科的療法(実施日: 年 月 日)

<切皮線:図に赤で記入>

術式 根治的切除 / 広範囲切除 / 腫瘤切除 / 減量 / (二回目以降の)拡大切除

マージン

水平方向: ~ cm

垂直方向:筋膜 枚    筋肉 枚

リンパ節 郭清 / 切除     部位:

*病理結果は 8.に記入

病理学的マージン

水平方向:clear / dirty / 不明

垂直方向:clear / dirty / 不明

12. 化学療法(実施日: 年 月 日~)

予定プロトコール:計 回 / 週間

薬剤 、用量 、経路 i.v. / p.o.、間隔 に一回

薬剤 、用量 、経路 i.v. / p.o.、間隔 に一回

薬剤 、用量 、経路 i.v. / p.o.、間隔 に一回

終了日: 年 月 日、完遂 / 中止

中止の理由:副作用〔白血球減少 / 血小板減少 / 消化器症状 / その他 〕、

病状の進行〔腫瘤の増大 / 再発 / 転移 / 他 〕、

費用、オーナー様の意志( )、

その他 13. 放射線療法(実施日: 年 月 日~)

予定プロトコール:用量 Gy、計 回、間隔 に一回

終了日: 年 月 日、完遂 / 中止

中止の理由:副作用〔皮膚 / 目 / 詳細 〕

費用、オーナー様の意志、腫瘤の増大 / 不変、 臨床ステージの変化、

治療法の変更が出た場合は新しい用紙で再評価

治療案フローチャート

【皮膚腫瘤一般】

【肥満細胞腫】

【治療】

化学療法案;ロムスチン

ビンブラスチン・プレドニゾロン併用

(順に、毎週 2mg/m2 i.v.で4週間→以後隔週で8週間、 2mg/kg SID→0.5mg/kg まで漸減)

ビンブラスチン・プレドニゾロン・ロムスチン追加

プレドニゾロン/ビンブラスチン/シクロフォスファミド(COP)

(1週目;P1mg/kg SID、V0.75mg/m i.v.、C200-250mg/m p.o. 2-5 日にわけて、 2・3週目;V同量、4週目;V・C同量、 7週目;V・C同量、P2日ごとに減量)

シクロフォスファミド/ビンクリスチン/プレドニゾロン/ヒドロキシウレア

イマチニブ(10mg/kg p.o. SID)

トセラニブ

トセラニブ/ビンブラスチン

用量;ロムスチン 70-90mg/m2 p.o. SID で 21 日間(レスキューとして)

トセラニブ (イマチニブのレスキューとして)

カルボプラチン 21 日毎に 300mg/m2 i.v.

【軟部組織肉腫】

 

no image

Uncategorized

2021/9/14

VOSS:Veterinary Orthopedic Surgery Simulator 獣医整形外科手術シミュレーター

read more

Uncategorized

2021/9/14

TPLOチャート

     

read more

整形外科

2021/6/13

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHoros,Osirixの使い方:CT画像のdicomデータ編集、操作方法、2D、3D

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

神経外科

2021/6/27

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHorosの使い方:MRI画像のdicomデータ編集、操作方法、T2,T1,T1造影の読影

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

雑記

2021/6/14

獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気、疾患一覧、分類・家畜伝染病、届出伝染病

  Contents1 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病1.1 犬・猫の疾患1.2 牛の疾患1.3 馬の疾患1.4 鳥の疾患1.5 豚の疾患1.6 マウス・ラットの疾患1.7 ウサギの疾患1.8 サルの疾患1.9 その他動物の疾患(ミツバチ、ヤギ)1.10 家畜伝染病まとめ1.11 届出伝染病まとめ 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病 犬・ ...

read more

よく読まれている記事

1

「獣医師にもおすすめな副業って何…?」 「人間関係が辛く、仕事が過酷で休みがない…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「獣医師免許を使った副業ってあるかな?」 「お金は足りてるけど、もうちょっと増 ...

2

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

3

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

-腫瘍外科
-

© 2021 日本の獣医師が米国獣医外科専門医を目指す Powered by AFFINGER5