整形外科

現役臨床獣医師解説!新卒獣医・新人獣医が持つべき勉強になる犬と猫の骨折におすすめ教科書、本、参考書

sponser

そらん
犬や猫がジャンプして足をあげてきた・骨折しているといった症状、骨折の手術に拒絶反応がありませんか?

犬と猫の骨折は苦手。

犬と猫の骨折の手術をやってみたい。

犬と猫の骨折の勉強をしたいけど、どこから手をつけていいかわからない...

骨折の手術方法があいまい。

自分でも治せる骨折の線引きをしたい。

骨折の種類に適した手術方法を知りたい。

犬と猫の骨折を得意になりたい!

犬や猫の骨折に興味があるけど、どうやって勉強したらいいかわからない。

骨折は分類が困難ですが、固定方法は限られており、その組み合わせであるため、パターンで覚えてしまいましょう!

 

獣医の教科書は非常に多く、かつ高額です。

高給であれば試しで買ってもいいですが、少ない給料の中で自分に合った、

適切な教科書を選ばなければいけません。

本屋で試し読みができない中、おすすめの教科書を自分一人で選ぶのは困難です。

 

こんな方におすすめ

  • 獣医整形外科:骨折手術に興味がある
  • 犬と猫の骨折の検査と診断の勉強におすすめの教科書を知りたい
  • 犬と猫の骨折の勉強をはじめてみたい
  • 犬と猫の骨折で、どれが自分でもできる手術かの判断がよくわからない

ということがわかるので、ぜひ最後までお読みください。

 

私は、現在は獣医師として、主に整形外科手術を担当にして、働いています。

以前は東京大学で勤務し、学会でもアワード賞をいただきました。

その際に勉強になったおすすめの教科書をご紹介します。

詳しくは、『プロフィールや獣医師そらんの手術歴』をお読みください。

 

管理者のプロフィール

こんにちは、獣医師そらあんです。 この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。 今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭 ...

続きを見る

新卒獣医・新人獣医が持つべき勉強になる犬と猫の骨折におすすめ教科書、本、参考書

AO法による犬と猫の骨折治療

世界中の定番! 獣医師のための骨折治療リファレンス+マニュアル!!

AO法テクニックビデオ・アニメーション(英語版)DVD-ROM付
(日本語版本文PDFファイルに英語版AO Teaching Videos and Animations付)

本書の5大特徴

1.AO法50年の研究成果の集大成

2.現時点で最善と考えられる手技を疾患部位ごとにセレクトして掲載

3.450点にもおよぶ豊富なカラー写真・イラストを使用しての理解促進

4.AO教育用ビデオ・アニメーション(英語版)DVD-ROMを使用しての理解促進(本文は日本語)

5.日本の動物整形外科臨床の最前線で活躍している獣医師による翻訳

この教科書は整形外科の中でも、特に骨折に焦点を置いた教科書です。

これ一冊読めばほとんどの骨折に対応できます。

オールカラーでわかりやすく、骨折の治し方だけではなく、

骨折治療の総論から各論まで全てがまとめられています。

序章 AOの根本原理と原則
1章 周術期における患者の管理
2章 インプラント:その解説と適応
2章-1 スクリューおよびプレート
2章-2 創外固定装置,ピン,ネイル(釘)およびワイヤー
3章 骨折治癒
4章 下顎骨の骨折
5章 上顎骨の骨折
6章 椎体の骨折
7章 肩甲骨の骨折
8章 骨盤の骨折
8章-1 仙腸関節の骨折脱臼
8章-2 腸骨の骨折
8章-3 寛骨臼の骨折
8章-4 坐骨および恥骨の骨折 165
9章 上腕骨の骨折
9章-1 上腕骨近位の骨折
9章-2 上腕骨骨幹の骨折
9章-3 上腕骨遠位の骨折
10章 橈骨の骨折
10章-1 橈骨近位の骨折
10章-2 橈骨骨幹の骨折
10章-3 橈骨遠位と茎状突起の骨折
11章 尺骨の骨折
12章 大腿骨の骨折
12章-1 大腿骨近位の骨折
12章-2 大腿骨骨幹の骨折
12章-3 大腿骨遠位の骨折
13章 膝蓋骨の骨折
14章 脛骨および腓骨の骨折
14章-1 脛骨近位の骨折
14章-2 脛骨骨幹の骨折
14章-3 脛骨遠位および果の骨折
15章 手根関節の骨折
16章 足根関節の骨折
17章 中手骨および中足骨の骨折
18章 指(趾)節骨の骨折
19章 矯正骨切り術
20章 骨折治癒の合併症
20章-1 遷延癒合
20章-2 癒合不全
20章-3 変形癒合
20章-4 骨髄炎
20章-5 インプラントの失宜
20章-6 インプラント除去後の再骨折
21章 肩関節固定術
22章 肘関節固定術
23章 手根関節固定術
24章 膝関節固定術
25章 足根関節固定術
26章 指(趾)関節固定術
27章 付録-骨折固定におけるインプラントと材料
用語解説

小動物の整形外科 骨折治療ハンドブック

■総論で整形外科的検査法、包帯法、骨折の治療法(内固定法ならびに創外固定法)、画像診断法、関節鏡検査法などについて解説。

■各論では、前肢そして後肢の主要な骨・関節に発生する様々なタイプの骨折、ここの関節疾患の特徴、診断、および治療に関して詳述。

四肢の触診方法を覚えるのに最適

解剖の仕組みの理解→治療が論理的に理解できる

「こういう解剖構造だからこのように治療する」など

様々なタイプの骨折の治療が載っています。

小動物の整形外科・骨折治療ハンドブック―Brinker,Piermattei,Floの整形
小動物の整形外科・骨折治療ハンドブック―Brinker,Piermattei,Floの整形

Part I 骨折,跛行および関節疾患の診断と治療
第1章 整形外科学的検査と診断法
第2章 骨折の分類,診断,ならびに治療
第3章 骨移植
第4章 癒合遅延および癒合不全
第5章 急性,慢性骨感染の治療法
第6章 関節病学
第7章 関節手術の基本
第8章 関節手術における関節鏡

Part II 前肢の骨折と整形外科疾患
第9章 肩甲骨の骨折
第10章 肩関節
第11章 上腕骨の骨折
第12章 肘関節
第13章 橈骨と尺骨の骨折
第14章 手根骨,中手骨,および指骨の骨折と,その他の整形外科疾患

Part III 後肢の骨折と整形外科疾患
第15章 骨盤の骨折
第16章 股関節
第17章 大腿骨と膝蓋骨の骨折
第18章 膝関節
第19章 脛骨と腓骨の骨折
第20章 足根骨,中足骨,および趾節骨の骨折と,その他の整形外科疾患

Part IV その他の骨折と骨変形の再建
第21章 下顎骨と上顎骨の骨折と脱臼
第22章 骨格成長期の動物の骨折
第23章 骨成長異常および骨変形癒合の矯正

Part V 筋骨格系のその他の病状
第24章 その他の骨の疾患

 

小動物の骨折修復と管理のマニュアル

「骨折修復法なんてもう今では常識、いまさら本を読むまでもない」なんて考えている先生はぜひ読んで頂きたい。

この本を僅か3ヶ月で翻訳し(オモシロかったから)、次いで犬猫泌尿器病を2ヶ月で翻訳したので、脳梗塞を起こしてしまった因縁の本です。

Tessy No.1の自己満足の本です。

WAHA Online Shop

今すぐ購入する

今すぐ教科書をチェック!

定価 29,700円(税2,700円)
販売価格 5,500円(税500円)

CONTENTS
骨折管理の背景
骨折の分類と説明  骨折治療の歴史 骨折と修復の生体力学的基礎 骨折の治癒 骨折治癒の画像
骨折管理の原則
骨折患者の評価  骨折を手術しない管理法  器具とインプラント  骨折手術の原則 複雑、開放、そして病的な骨折 骨格が未成熟な動物における骨折
特定骨折の治療管理
頭蓋骨と下顎骨 脊柱 肩甲骨 上腕骨 橈骨と尺骨 骨盤と仙腸関節 大腿骨 脛骨と腓骨 手根部と足根部 肢の遠位部 パテラとファベラ
骨折管理の合併症
骨折病 インプラントの失敗 骨髄炎 骨折治療の合併症

 

イラストでみる犬と猫の骨・関節へのアプローチ 

解説文を誌面の左ページに、イラストを右ページに掲載し、見開き構成でビジュアル的にも非常に分かりやすいレイアウト

※本書は10年前に第3版の日本語版が発刊されました。前版から改善された

◆同じアプローチ部位でも,その領域が広範囲にも及ぶ場合や,そのアプローチ方法で組織の露出ができなかった場合など,効果的な露出を得るために組み合わせることのできる別のアプローチ法(代替法)を詳細に追記されている。

◆脛骨近位部の露出法など,いくつかのアプローチ法を新たに追加している。

◆前版と比較し,トータルで80ページ近くの増ページとなっている

SECTION Ⅰ 概論
骨と関節の好ましいアプローチの条件
アプローチ方法を選択する際の考慮点
無菌的テクニック
手術の原則
解剖学

SECTION Ⅱ 頭部
下顎骨前部(下顎体前部)へのアプローチ
下顎骨後部(下顎体後部)および下顎枝へのアプローチ
下顎枝へのアプローチ
顎関節へのアプローチ
頭蓋骨背外側面へのアプローチ
頭蓋骨後部(尾側面)へのアプローチ

SECTION Ⅲ 脊柱
第1,第2頸椎への腹側切開によるアプローチ
第1,第2頸椎への背側切開によるアプローチ
第2-7頸椎および椎間板への腹側切開によるアプローチ
中位頸椎への背側切開によるアプローチ
第3-6頸椎への外側切開によるアプローチ
後部頸椎および前部胸椎への背側切開によるアプローチ
胸腰椎への背側切開によるアプローチ
胸腰椎の椎間板への背外側切開によるアプローチ
胸腰椎の椎間板への外側切開によるアプローチ
第7腰椎および仙骨への背側切開によるアプローチ
第6,第7腰椎および仙骨への腹部切開による腹側アプローチ
尾椎への背側切開によるアプローチ

SECTION Ⅳ 肩甲骨と肩関節
肩甲骨骨体,肩甲棘,肩峰突起へのアプローチ
肩関節の前外側部へのアプローチ
棘下筋の腱切断術による肩関節の前外側部へのアプローチ
肩関節の後外側部へのアプローチ
肩関節の後部へのアプローチ
肩関節の前内側部へのアプローチ
肩関節の前部へのアプローチ

SECTION Ⅴ 前肢
上腕骨近位骨幹部へのアプローチ
前外側切開による上腕骨骨幹部へのアプローチ
内側切開による上腕骨骨幹部へのアプローチ
前外側切開による上腕骨遠位骨幹部へのアプローチ
内側切開による上腕骨遠位骨幹部と上腕骨顆上部へのアプローチ
上腕骨顆外側面と外側上顆へのアプローチ
肘関節の腕尺部外側へのアプローチ
上腕骨顆上部と肘関節の腕尺部後方へのアプローチ
肘頭の骨切り術による肘関節・腕尺部へのアプローチ 上腕三頭筋腱切断術による肘関節・腕尺部へのアプローチ
尺骨近位骨幹部の骨切り術による肘関節へのアプローチ
橈骨頭と肘関節の外側部へのアプローチ
上腕骨外側上顆の骨切り術による橈骨頭と肘関節・腕橈部へのアプローチ
上腕骨内側上顆へのアプローチ
筋間切開による上腕骨顆内側面と尺骨の内側鈎状突起へのアプローチ
上腕骨内側上顆の骨切り術による上腕骨顆内側面と尺骨の内側鈎状突起へのアプローチ
尺骨近位骨幹部と滑車切痕へのアプローチ
肘頭へのアプローチ
尺骨遠位骨幹部と茎状突起へのアプローチ
橈骨頭と橈骨近位骨幹端へのアプローチ
内側切開による橈骨骨幹部へのアプローチ
外側切開による橈骨骨幹部へのアプローチ
背側切開による橈骨遠位部と手根骨へのアプローチ
掌内側切開による橈骨遠位部と手根骨へのアプローチ
副手根骨と手根関節の掌外側部へのアプローチ
中手骨へのアプローチ
近位種子骨へのアプローチ
指骨と指節間関節へのアプローチ

SECTION Ⅵ 骨盤と股関節
腸骨翼と仙骨の背側面へのアプローチ
外側切開による腸骨へのアプローチ
仙骨の腹側面へのアプローチ
前外側切開による股関節の前背側面へのアプローチ
殿筋間の切開による股関節の背側面へのアプローチ
大転子骨切り術による股関節の前背側面と後背側面へのアプローチ
殿筋の腱切断術による股関節の前背側面と後背側面へのアプローチ
股関節の後方と坐骨体へのアプローチ
寛骨へのアプローチ
股関節の腹側面,または恥骨枝へのアプローチ
恥骨と骨盤結合へのアプローチ
坐骨へのアプローチ

症例で学ぶ小動物の創外固定

基礎知識から実践まで、創外固定のすべてがわかる!

■"小動物の創外固定による骨折治療"に関する臨床的・実践的ガイド!
■"プレート・スクリュー・ワイヤーを使用した内固定"が適応困難な骨折・脱臼の固定法を解説!
■豊富な症例により"臨床現場で要求される実践的知識"を吸収できる、まさに即戦力の一冊!

Part Iでは、より良い治療を促進するために不可欠な知識と技術的な内容を示している。章の構成を症例の選択、術前の処置、骨折の整復、ピンの設置、術後の評価、追跡調査にわけて、順序だてて解説されている。
Part IIは症例研究になっており、骨折部位ごとに骨折のタイプと固定システムの選択が示されている。特定の骨折治療に対して役に立つだけでなく、症例研究は治療法の選択や臨床上の決定と実際の施術に役立つ内容になっている。

はじめに
監訳者のことば

Part 1 創外固定の実際
第1章 創外固定の基本
第2章 創外固定の決定
第3章 術前管理
第4章 骨折の整復
第5章 ピンの設置
第6章 Securos創外固定システム
第7章 IMEX-SK創外固定システム
第8章 アクリル樹脂創外固定システム
第9章 術後のX線検査の評価
第10章 包帯法と術後管理
第11章 再検査
第12章 合併症

Part 2 症例研究
橈骨 / 尺骨
脛骨
上腕骨
大腿骨
経関節固定
索引

猫の関節手術と筋骨格系の疾患

猫の関節手術と筋骨格疾患の治療方法の総てがこの一冊に!!

・小動物臨床医に対し、猫の整形外科症例の診断を向上させて、それらに対する治療法の詳細な説明と治療選択肢を紹介!!

CONTENTS
Part1 整形外科患者への臨床アプローチ
患者の評価 追加診断法
Part2 筋骨格系疾患
多発性外傷
Part3 遺伝性および先天性筋骨格疾患
骨疾患 関節疾患 脊髄神経系疾患 軟部組織疾患 筋骨格系腫瘍 多発性外傷の病因と重篤度 外傷患者への一般的アプローチ 猫の多発性外傷の損傷各論
Part4 筋骨格系傷害概論
骨折 関節損傷 脊椎、脊髄、末梢神経の損傷 軟部組織損傷 外科患者
Part5 麻酔
周術期鎮痛 術前処置 術後ケア 猫のリハビリテーション
Part6 整形外科の材料、器械類、インプラント、および技術
外固定 整形外科用器具 整形外科用インプラント 猫の関節鏡視法
Part7 特定の外科疾患および傷害の治療
下顎骨と上顎骨 肩甲骨 肩関節 上腕骨 肘関節 橈骨と尺骨 手根関節 中手骨、中足骨、指趾骨 脊柱 骨盤 股関節 大腿骨 膝関節 脛骨と腓骨 足根関節 切断術 ポテンヒット集

猫の整形外科

猫に焦点を絞った初めての整形外科専門書。本書では、猫に焦点を絞り、骨折治療を中心に整形外科の全容を体系化。

エキスパートを目指す方のための、猫の整形外科に関する専門的な知識を習得することができる一冊。

目次

猫の整形外科入門
検査と診断方法
整形外科疾患を伴う外傷患者に対する管理
骨折の分類と治療方針の決定および骨治癒
治療器具とインプラント
骨折の整復術:原則および手技
関節学
前肢の骨折と障害
後肢の骨折と障害
頭蓋骨と下顎骨の骨折と疾患
脊髄・脊椎の骨折と疾患
神経筋疾患
その他の整形外科疾患

 

 

本ブログでは、詳しく知りたい飼い主、獣医学生、進路や勉強に悩んでいる獣医師向けに、

出来る限り詳細に書いていますので、ぜひ他の記事もお読み下さい。

参考になれば嬉しいです。ここまでお読みいただきありがとうございました。

no image

Uncategorized

2021/9/14

VOSS:Veterinary Orthopedic Surgery Simulator 獣医整形外科手術シミュレーター

read more

Uncategorized

2021/9/14

TPLOチャート

     

read more

整形外科

2021/6/13

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHoros,Osirixの使い方:CT画像のdicomデータ編集、操作方法、2D、3D

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

神経外科

2021/6/27

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHorosの使い方:MRI画像のdicomデータ編集、操作方法、T2,T1,T1造影の読影

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

雑記

2021/6/14

獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気、疾患一覧、分類・家畜伝染病、届出伝染病

  Contents1 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病1.1 犬・猫の疾患1.2 牛の疾患1.3 馬の疾患1.4 鳥の疾患1.5 豚の疾患1.6 マウス・ラットの疾患1.7 ウサギの疾患1.8 サルの疾患1.9 その他動物の疾患(ミツバチ、ヤギ)1.10 家畜伝染病まとめ1.11 届出伝染病まとめ 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病 犬・ ...

read more

よく読まれている記事

1

「獣医師にもおすすめな副業って何…?」 「人間関係が辛く、仕事が過酷で休みがない…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「獣医師免許を使った副業ってあるかな?」 「お金は足りてるけど、もうちょっと増 ...

2

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

3

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

-整形外科
-

© 2021 日本の獣医師が米国獣医外科専門医を目指す Powered by AFFINGER5