整形外科

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHoros,Osirixの使い方:CT画像のdicomデータ編集、操作方法、2D、3D

sponser

そらん
犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。
  • 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない?

それは.dcmというDICOMというファイルだからです。

ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。

皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか?

医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、

このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicomビューアーが必要になります。

  • 自分の自宅のパソコンで、犬と猫の画像を見たい
  • DICOMデータって、病院のパソコンでないと確認できないの?
  • 犬と猫の検査結果を自宅のパソコンで勉強する方法を知りたい。
  • 犬や猫のレントゲン、エコー、CTのデータを自分のパソコンでも見れる様にしたい!
  • DICOMのデータを自宅のパソコンでも病院と同じように扱いたい!

毎日の診察で、レントゲン検査やエコー検査をしない日はありませんね。

動物病院での検査で得た画像を、自宅で見直したり、発表用にまとめたいことってありますよね。

検査機器ではDICOMデータとして、画像データを取り扱いますし、

病院内や、飼い主に説明する段階ではそのまま見せても問題ありません。

DICOMデータは非常に優秀で、コントラストや拡大、3Dモデリングなど、様々な編集が可能です。

画像データとしてだけで言えば、JPEGやPNGと変わりありませんが、編集ができないため、

わずかなコントラストの変化で見つけることができる病気を見逃してしまうことになります。

DICOMデータは、専用のソフトを使わないと、見ることができません。

macのパソコンを持っていれば、フリーのdicom ビューアーソフトを使うことができます。

発表の準備や勉強のため、症例の復習や勉強のために、病院で行った検査の結果を自宅でも扱えるようにしましょう。

病院でレントゲン検査機器や超音波検査機器、CT検査機器から、dicom形式で画像をダウンロード、エクスポートできる機能がついていますので、それを持ち帰りましょう!

 

現在の犬と猫の検査画像は、データとして扱われます。

つまり、このデータ:DICOMをうまく取り扱うことが、適切な結果を元に診断し、

検査結果の見逃しがない第一歩になります。

DICOMデータビューアーで最も有名なHorosの使い方について解説します。

 

こんな方におすすめ

  • 犬と猫のレントゲン、超音波画像を自宅でみたい!
  • DICOMデータを無料で扱えるソフトを知りたい!
  • おすすめのdicom viewerを知りたい!
  • Horosの基本的な使い方について知りたい!

ということがわかるので、ぜひ最後までお読みください。

私は、現在は獣医師として、主に整形外科手術を担当にして、働いています。

以前は東京大学で勤務し、学会でもアワード賞をいただきました。

その際に勉強になったおすすめの教科書をご紹介します。

詳しくは、『プロフィールや獣医師そらんの手術歴』をお読みください。

 

管理者のプロフィール

こんにちは、獣医師そらあんです。 この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。 今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭 ...

続きを見る

獣医師おすすめDICOMビューワー:Horosの使い方:旧OsiriXオザイリクス

Horosをダウンロードしたら、次は使い方をマスターしましょう!

非常に簡単で、以前はOsirixを使っていた方であればほとんど同じです。

ダウンロードがまだの方は下記からどうぞ!

参考獣医師必見!Horosのダウンロード方法と使い方:DICOMデータの無料ビューアー:macのおすすめdicom viewerフリーソフト

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたい! 犬と猫のCT検査を勉強する方法を知りたい。 CTのデータを自分のパソコンでも見れる様にしたい! CTのデータのDICO ...

続きを見る

初めてDICOMビューワーを使う方でも非常に簡単にデータを編集、操作できますのでご安心ください。

英語表示でも全く問題なく使えますが、日本語対応も可能です。

参考獣医師必見!DICOMデータの無料ビューアー:macのおすすめdicom viewerフリーソフト:Horosを日本語対応にする方法

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど 犬と猫のCT検査を勉強する方法を知りたい。 CTのデータを自分のパソコンでも見れる様にしたい! CTのデータのDICO ...

続きを見る

本記事では、ダウンロードしたHorosのよく使う機能の使い方を解説します!

ここに解説する使い方さえマスターしておけば、日常的に使うことに困ることはありません。

画像をHorosにダウンロード

まずは持ち帰ったデータを見てみましょう!

病院からdicomデータとして持ち帰った検査データをみてみましょう!

私は下記のようにわかりやすくして持ち帰っています。

このフォルダを見てみましょう!

すると下記のように、多少違いはありますが、ファイルが分かれています。

ここのDATAを見てみましょう。

するとここに、馴染みのあるJPEGと医療系のソフトで扱うdicomの拡張子が存在します。

この画像を扱うわけですが、Horosに取り込むのは簡単です。

ダウンロードしたHorosアプリをダブルクリックで開きましょう。

するとこのような画面になります。

この青枠のところに、先程のフォルダ

をドラッグしましょう!

すると、このようなポップアップが出てきます。

これはドラッグしたデータを

  • パソコンのHorosのフォルダにコピーする(Copy Files)
  • もしくはこのデータを見るだけ(Copy Links)

なのかを選びます。

前者(Copy Files)は、どんどんパソコンのフォルダにこのデータが溜まってしまいます。

データの容量は重いので、あっという間にパソコンの容量やストレージがなくなります。

後者(Copy Links)は、画像データを取り込まずに、閲覧だけできるようにする方法です。

これであれば、パソコン内のHorosというフォルダにデータがコピーされないので、検査データで要領が埋め尽くされることはありません。

しかし、例えば外付けのUSBやCD-Rでデータを持ってきてる場合は、それを外すとデータ自体がパソコンに残っていないため閲覧できなくなります。

おすすめは、病院からデータを持って帰る時はUSBなどの外付けハードディスクが多いですから、

自宅では、検査結果データ専用のハードディスクやSSDに保管して、閲覧するときだけ、パソコンとつないで、Horosにcopy Linksでデータを閲覧する方法です。

表示

Horosにデータを入れると

下記のように選択ラインに名前やモダリティ(CT,Xray,MRI,Echo)、日付が表示される

クエリ画面が表示ます。

モダリティは下記の通りです。

  • Xray:DX
  • エコー:US
  • CT:CT
  • MRI:MR

下に小さく表示されていますか、この選択ラインをダブルクリックしましょう!

shiftキーやドラッグを使いながら同時に2つ選択したままダブルクリックすると、両方の検査結果を同時に閲覧できます。

ダブルクリックして、閲覧したい選択ラインをダブルクリックすると

このような画面になります。

左に取り込んだ検査結果データの一覧

中央に左で選んだ画像の表示

上のバーに編集などの操作ボタンがあります。

上のバーの左から3つめのDatabaseを選択すると、元のクエリ画面に戻ります。

 

HorosでCT検査画像・結果の編集、操作方法

では上記に倣って、CT画像をHorosに入れましょう!

デスクトップにフォルダを作ります。

これをhorosのソフトにドラッグすると

こうなるので、

Copy Links を選択しましょう。

MRIやCTは重いので、左下の Activity をみると時間がかかっていることがわかりますので、しばらく時間をおいてください。

インストールされると、ここのModality を見るとCT、MRI、CR=Xrayがあることがわかります。

レントゲンの見方、編集方法、操作方法は下記の記事で行なっていますので、割愛します。

no image
参考VOSS:Veterinary Orthopedic Surgery Simulator 獣医整形外科手術シミュレーター

続きを見る

CTの操作方法

CTの画像表示

コントラストやサイズの拡大・縮小、移動はレントゲンと同じです。

  • コントラスト:W
  • サイズ:Z
  • 移動:M
  • 距離測定:L
  • 左右反転:H
  • 上下反転:V

上記をクリックして、マウスの操作方法を変更して、画面上で左右上下にドラッグするだけです。

MRIでは、レントゲンのように細かな距離を測定したりなどの編集や操作は重要ではなく、画面の表示方法が重要です。

MRIは数多くの撮影方法で撮影した画像を同時に見て判断します。

そのため同時に同じ画面に画像を出す必要があります。

そのため上の操作パネルから Windows を選択して

2分割を表示させましょう。

そうすると下記のような画面になりますので

造影前と、造影後の画像を表示させましょう。(私の場合)

画面が表示されている、左右のウィンドウのどちらかをクリックして、選択すると

選択された方の画面が赤い枠で表示されます。

そして、左端のMRI画像のシリーズを選択すると、そのシリーズが選択された赤い枠のウィンドウの方に表示されます。

左の画像一覧の、黄色くなっているところはすでに表示されているところです。

スクロールや、矢印キーで画面を確認していきましょう。

造影前と造影後は同じ枚数で同じようにスライスを切っていますので、同期してページ送りすることが可能です。

CTの画像の同期して表示

右上の操作パネルでは、

Sync をクリックすると下記にようになり、それぞれの画面をシンクロせずに画面をページ送り可能です。

再度クリックすると、同じ断面の画像で同期されます。

CTの画像を動画で抽出、保存

また

Movie Exportを選択すると、CTをページ送りの状態で、指定した範囲で動画でエクポートできます。

Interval で間隔を設定して

FromとToでどこからどの部位の画像を動画として切り抜くかを設定できます。

また保存ファイル名、保存場所、フォーマット、フレームレート=スピードも調節可能です。

 

CTの画像の断面表示変更

本来CTは撮影する時は、ボクセルという単位で薄い厚みを持った断面として構成された画面を撮影しています。

つまり、0.1mmや0.3mmと言った細かいものから厚いもので1mmの厚みです

つまりCTの機械が人工的に指定された厚みの検査結果を合成して1枚の画像として作っています。

CT画像を見る時は人工的に作られた画像であることを意識する必要があります。

しかし、人工的に編集が可能なため、Sagital=輪切り=横断の撮影したデータをもとに

矢状断や水平断面像を、ソフトで作ることが可能です。

この画面から選択が可能です。

通常はこの画面ですが、

これがSagitalで

 

これがAxialですが、ともに画像が荒いです。

 

また、これらの画像は同時に確認しないと意味がないため、

データー編集の一番上のバーから

3D Viewer の

3D MPRを選択します。

これを選択すると、同時に三画面に表示されます。

 

各画面の青、紫、オレンジ色の線を選択して回転・移動すればそれに応じて画面が変化します。

CT画像の3D、ボリュームレンダリング

腫瘍や内臓、血管異常に適しています。

CT画像のデータから3Dを作成することで、視覚的に認識することが可能です。

上のタブから

3D Viewer

を選択して、

3D Volume Rendering

を選択しましょう。

すると新しい、画面が開きます。

3Dに変更した後でプリセットを選択します。

これを選択すると、

下記のポップアップが出てきます。

グループが Basic になっていますので、

ここのタブを開いて、まずは Soft Tissue CT に変更します。

 

 

 

すると、プリセットが15個出てきますので、

右矢印を押して、

 

11. Standard を選択しましょう!

 

次にこのままだと、必要でない部分が多いので、操作パネルを使ってトリミングを行なっていきます。

まずは右から二つ目のハサミマークです。

これは選択した範囲で

エンターキー:選択した部分以外が消える

デリートキー:選択した部分が消える

デリートキーの場合は、下記のように必要ない部位を選択すると、

選択してデリートキーを押すと、選択した範囲が消えます。

 

次はエンターキーの場合も見ていきましょう。

同じように今度は必要な部分を選択範囲に入れます。

これでエンターキーを押します。

するとこのように残ります。

ここからは、まずウィンドウレベルで内部構造を表示させるコントラストを操作します。

操作パネルの左端のコントラストを選択します。

上下左右にドラッグして、画像を調節しましょう。

血管や内蔵が綺麗に見えますね。

しかし、このままでは、骨=肋骨が邪魔ですよね。

そんな時に使えるのが右端のドクロマークです。

これは連続したボクセルを消去できます。

この操作をクリックして、肋骨を押すと下記のように、一回のクリックで肋骨が全てが消えます。

 

画像が回転している場合は、操作パネルのキューブのボタンを選択して調節します。

 

 

MIPの使い方

骨の異常や変形を確認するために使います。

これは一定の厚みの中で、白いところ=高CT値だけを選択して画像を作る機能です。

このようなイメージです。

一定の範囲内で、最も白いところだけを採用して優先に選択する方法です。

まず上記に説明したように

3DMPRにして、三画面で表示させましょう。

ここで各断面は色で表示されており、

例えば左上を選択すると、オレンジ色の枠で表示されます。

これは左下と右の画像のオレンジ色の断面であることを表しています。

 

左下の画面を選択すると、紫色の枠で表示されるので、

左上と右の紫のラインでの画面ということがわかります。

このラインを調整することで任意の画面を表示可能です。

この断面ラインを表示しているラインを消したい場合は、右上の機能の

Axisから消去可能です。

任意の画面を選択して、押すと下記のように消えます。

そして次は、MIPの編集を行います。

上の操作するボタンの Thick Slab から

MIPが選択されていることを確認して

厚みのバーを編集します。

今は「1」になっています。

これだと1枚ということですので、普段と同じCT画像が表示されます。

この厚みを任意のところ[60.9]で調整してみましょう。

すると下記のような画面になります。

暑くすると、一本の線だった断面ラインが分厚くなります。

この厚みのラインの中の範囲でCT情報を集めたものが表示されるとうわけです。

この厚みの中での情報を、最も白いところを抽出して表示されます。

厚みを変更すると「32.2」、先ほどより薄い範囲で画像が編集されます。

 

 

min-MIPの使い方

気管や肺の状態の確認に適しています。

これは一定の厚みの中で、黒いところ=高CT値だけを選択して画像を作る機能です。

このようなイメージです。

一定の範囲内で、最も黒いところだけを採用して優先に選択する方法です。

まずは、胸部のCTシリーズを左から選択して、Orientaionを水平断にしましょう。

次に上の、機能のタブで Thick slabを調整します。

Modeにチェックを入れて、MinIPを選択しましょう。

これは一定の厚みの中で、黒いところ=低CT値だけを選択して画像を作る機能です。

これにより肺では空気が強調されるため、気管支の構造が明瞭になります。

そのあとは厚みを調整しましょう!

ある程度の厚みに調整して、スクロールすれば、体全体を一定の厚みごとに異常がないかを確認できます。

このように黒いラインに沿って気管支が映し出されます。

気管支炎などの気管の病気に最適です。

 

 

 

本ブログでは、詳しく知りたい飼い主、獣医学生、進路や勉強に悩んでいる獣医師向けに、

出来る限り詳細に書いていますので、ぜひ他の記事もお読み下さい。

参考になれば嬉しいです。ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

no image

Uncategorized

2021/9/14

VOSS:Veterinary Orthopedic Surgery Simulator 獣医整形外科手術シミュレーター

read more

Uncategorized

2021/9/14

TPLOチャート

     

read more

整形外科

2021/6/13

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHoros,Osirixの使い方:CT画像のdicomデータ編集、操作方法、2D、3D

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

神経外科

2021/6/27

獣医師おすすめ無料DICOMビューワーHorosの使い方:MRI画像のdicomデータ編集、操作方法、T2,T1,T1造影の読影

そらん犬や猫のCT画像・検査の勉強をするために、Horosをダウンロードしたけど、使い方がわからない。 自分のパソコンで、犬と猫のレントゲン画像やエコー画像、CT、MRI画像が見れない? それは.dcmというDICOMというファイルだからです。 ファイルを見ているとこの様な画像ファイルになっています。 皆さんに馴染みがあるのは、jpegやPNGなどではないでしょうか? 医療用のソフトは、ほとんどこのdcmという拡張子で、画像を扱うことになるので、 このDICOM:ダイコムを読み込むことのできる、dicom ...

read more

雑記

2021/6/14

獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気、疾患一覧、分類・家畜伝染病、届出伝染病

  Contents1 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病1.1 犬・猫の疾患1.2 牛の疾患1.3 馬の疾患1.4 鳥の疾患1.5 豚の疾患1.6 マウス・ラットの疾患1.7 ウサギの疾患1.8 サルの疾患1.9 その他動物の疾患(ミツバチ、ヤギ)1.10 家畜伝染病まとめ1.11 届出伝染病まとめ 獣医師解説!犬・猫・牛・馬・豚・鳥・うさぎ・猿・マウス、ラット・ミツバチ・ヤギの病気一覧・家畜伝染病、届出伝染病 犬・ ...

read more

よく読まれている記事

1

「獣医師にもおすすめな副業って何…?」 「人間関係が辛く、仕事が過酷で休みがない…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「獣医師免許を使った副業ってあるかな?」 「お金は足りてるけど、もうちょっと増 ...

2

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

3

「仕事が過酷で休みがない…」 「人間関係がきつい…」 「給料が上がらなくて将来が不安…」 「収入が少ない...」 「獣医師でもできる副業ってあるの…?」 この様に悩んでいる獣医師は多いんじゃあないでし ...

-整形外科

© 2021 日本の獣医師が米国獣医外科専門医を目指す Powered by AFFINGER5